2008年03月30日

まずは、リンパって何?



「リンパって、よく耳にするけれども、体の中でどんな働きをしているの?」と訊かれても、とっさに答えられなかったりします。

医学では、その対象に応じて、リンパ腺、リンパ節、リンパ管、リンパ球、リンパ液、などとして使っています。

この中で実際に働いているのはリンパ球です。
これは白血球の一種で、骨髄で作られ、細胞性に免疫や免疫機能の調節にあたっています。

それでリンパとは、そもそも何なのかといいますと、組織間を満たす体液であり、その液体成分はリンパ漿といい、少数のリンパ球を含み、組織は血漿と似ています。
リンパ節に胸管や脾臓などの特殊なリンパ器官を加えたものがリンパ系で、これらの総称のことを指します。

リンパ管は静脈に沿うように体中に張り巡らされています。
リンパ管の中を流れている体液をリンパ液と呼びますが、リンパ液は血管に入りきらない大きな老廃物をサラサラと流し、排出する機能を持っています。

血液とリンパ液は非常に似通った特徴を持っていますが、血液が心臓のようなポンプ機能により巡っているのに対し、リンパ液は筋肉の動きにより流れます。
従って、筋肉の動きがないとリンパ液の流れが渋り、体内に不要物が蓄積され、むくみなどの様々な問題を引き起こします。


リンパ節とは全身に張り巡らされているリンパ管が合流する所で、主に首・わきの下・足の付け根などに存在します。
リンパ節は全身から組織液を回収して、組織内に進入、あるいは生じた非自己異物が血管系に入り込んで全身に循環してしまう前にチェックし、免疫応答を発動して食い止める関所のような機能を持っています。

個人差がありますが、全身に600箇所くらいあるといわれています。
そのうちの半分くらいのリンパ節が集まっているのが首の付け根の鎖骨部分です。

この鎖骨リンパ節は、リンパ液が体中をめぐり運んできた老廃物が行き着くところなので、リンパの流れが鈍りやすくなる箇所です。
自分の手で首や鎖骨周辺に適度な刺激を与え、リンパの流れを促進させてやることは、今すぐにでもできる健康への第一歩といえるかもしれません。


■主なリンパ節は次のとおりです。

・鎖骨(鎖骨リンパ節)
・脇の下(腋かリンパ節)
・アゴの下(顎下リンパ節)
・腹部(腹部リンパ節)
・脚の付け根(そけいリンパ節)
・ひざ裏(膝かリンパ節)
・耳の前(耳下腺リンパ節)


リンパ系組織とは、ヒトの免疫システムを構成するもので、リンパ節、胸腺(きょうせん)、脾臓(ひぞう)、扁桃腺(へんとうせん)等の組織・臓器と、リンパ節をつなぐリンパ管、そしてその中を流れるリンパ液からなります。

リンパ系組織を構成する主な細胞は、リンパ球と呼ばれる白血球です。
リンパ液の中には液体成分とリンパ球が流れていて、やがて血液と合流します。
posted by mali at 18:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 悪性リンパ腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫とは、
白血病や骨髄腫と同じ血液・リンパのガンです。

悪性リンパ腫は、白血球の中のリンパ球ががん化した悪性腫瘍で、リンパ節の中で
がん細胞が増えて腫れたり、胸腺、扁桃腺、脾臓などのリンパ組織にコブのような塊、
すなわち腫瘤(しゅりゅう)ができたりする病気です。

良性のリンパ腫などというものは存在しません。

悪性リンパ腫はリンパ節以外の場所にもできることがあります(節外性リンパ腫)。

リンパ性白血病といって、白血病の中にもリンパ球ががん化した悪性腫瘍がありますが、
悪性細胞が増える場所が主に、血液や骨髄(骨の中にあって、血液を造る工場のようなもの)
である点が、悪性リンパ腫と異なります。
感染症や炎症その他によるリンパ節の腫脹や、他の悪性腫瘍のリンパ節転移や、
リンパ浮腫も悪性リンパ腫とは別のものです。

悪性化した細胞の種類や遺伝子(染色体)にどのような異常があるかによって
様々なタイプに分類されます。

大きくは、
「ホジキン病」と「非ホジキンリンパ腫」に分けられ、
「非ホジキンリンパ腫」には30以上の種類があります。

日本人の悪性リンパ腫では、ホジキン病は約10%と少なく、大半が
非ホジキンリンパ腫です。
わが国で1年間に発生する悪性リンパ腫は約10,000人で、少しずつ増えています。
ホジキン病が20〜30歳代に多いのに対し、非ホジキンリンパ腫の発生のピークは60歳代で、非ホジキンリンパ腫は高齢者に多い病気ですが、
若年者や小児にも発生します。
posted by mali at 15:57| Comment(1) | TrackBack(1) | 悪性リンパ腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

悪性リンパ腫の原因と症状

原因は何か

悪性リンパ腫は白血病と同様に、化学物質・放射線などさまざまな因子が関連
していると考えられています。

最近、病原体の関与が推測されており、一部の非ホジキンリンパ腫*では、
EBウイルス感染が関与していると考えられています。
また、胃のMALTリンパ腫では、ヘリコバクター・ピロリ菌が発症に関与しています。
このほかヒトヘルペスウイルス6型や8型、C型肝炎ウイルスなども発症に
関与することが推定されています。

*バーキットリンパ腫、
鼻腔原発(びくうげんぱつ)NK細胞性リンパ腫など


症状の現れ方

しばしばリンパ節腫脹から始まります。
痛みがないため、気がついた時にはかなり大きくなり、また複数部位のリンパ節が
同時に腫大してくることもあります。

なお、日本人の場合、
リンパ節腫脹以外で起こるリンパ腫(節外性リンパ腫)の形で発症するものが
40%ほど存在します。
リンパ節以外の全身ほぼすべての臓器から発生する可能性がありますが、
日本人では胃から起こる症例が多いといわれています。
節外性リンパ腫の場合も症状が乏しく、検診などで偶然見つかることがあります。

全身症状としては、発熱、全身の倦怠感(けんたいかん)、体重減少、寝汗などが
あります。
とくにホジキンリンパ腫では38℃を超える発熱、全身のかゆみを訴えることがあります。
posted by mali at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 悪性リンパ腫 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。